ここから本文です。

7 侍が築いた歴史にふれる旅

妙立寺

金沢城を中心とした城下町金沢は、藩政期は文化振興に努め、戦災にも遭わなかったため、武家の文化が色濃く残っています。藩士の屋敷跡や「忍者寺」を訪ね、武士の時代に思いをはせてみましょう。

初級金沢エリア 1日コース

  • 対象者:女性、ファミリー
  • モデルコース動画を再生

金沢城公園

妙立寺

にし茶屋街

前田土佐守資料館

長町武家屋敷跡

せせらぎ通り商店街

出発

 

    

金沢城公園

1.金沢城公園

藩主の居城、武家文化のシンボル

加賀藩の代々藩主が居住してきたお城です。天守閣は残っていませんが、変化に富んだ積み方の石垣や、復元進んでいる菱櫓(ひしやぐら)、河北門など見どころがたくさんあります。

    

妙立寺

2.妙立寺

落とし穴や隠し階段がある「忍者寺」

通称「忍者寺」。加賀藩前田家の祈願所と金沢城の出城の役目をもち、落とし穴や隠し部屋、切腹の間などさまざまな仕掛けがあり、その複雑な構造から「忍者寺」と呼ばれています。

    

にし茶屋街

3.にし茶屋街

お座敷遊びの雰囲気味わえる資料館も

石畳の道に格子造りの茶屋が軒を連ねています。金沢市西茶屋資料館には、紅殻(べんがら)壁の座敷に三味線や太鼓、漆塗りの調度品が置かれ、ぜいたくな茶屋遊びの雰囲気を伝えています。

    

前田土佐守資料館

4.前田土佐守資料館

武具や書状で高級武家について学ぶ

加賀八家の一つ前田土佐守家(とさのかみけ)の創設期から明治初期にいたる間の、武具や書状などの膨大な歴史資料が、良好な状態で保存されています。

    

長町武家屋敷跡

5.長町武家屋敷跡

藩士の暮らし伝える町並み

加賀藩士・中級武士たちの屋敷跡です。木羽板(こばいた)ぶきの屋根のついた土塀や、武士窓のある長屋門が当時の面影をしのばせます。雪から土塀を守る「こも掛け」は金沢の冬の風物詩となっています。

    

せせらぎ通り商店街

6.せせらぎ通り商店街

用水沿いに並ぶ食べ処30軒

武家屋敷跡に近い金沢市の中心部、用水のせせらぎに沿って店が並びます。周辺には、寿司、割ぽうなど多彩な食の分野がそろっています。