ここから本文です。

金沢と小松・能美を観光する1泊2日

那谷寺

泉鏡花ゆかりの名湯に泊まり、名刹・那谷寺や九谷焼陶芸館を訪ねます。

初級金沢エリア加賀エリア 2日コース

 

  • ジャンル:定番
  • テーマ:女性向け・男性向け・家族向け・宿泊

1日目:

出発

 

    

兼六園

1.兼六園

兼六園は、日本三名園の一つ。築庭には加賀5代藩主前田綱紀に始まり、約180年を費やしました。ことじ灯籠など見どころは多く、サクラや紅葉、雪吊りとと四季折々の美しさが楽しめます。

    

金沢城公園

2.金沢城公園

現存する藩政時代の遺構は、石川門、三十間長屋、鶴丸倉庫。2001年に菱櫓・橋爪門続櫓・五十間長屋が復元完了、2010年には河北門、いもり堀(一部)、2015年3月には玉泉院丸庭園と橋爪門が復元されました。

    

主計町

3.主計町

藩政時代、富田主計の屋敷があったため主計町(かずえまち)と呼ばれました。

ひがし・にしと並ぶ茶屋街であり、文豪泉鏡花の作品にしばしば登場しています。

    

梅ノ橋

4.梅ノ橋

犀川の桜橋に対してその名がついたともいわれています。付近は泉鏡花の出世作「義血侠血」の舞台にもなっており、作品にちなんだ滝の白糸碑やヒロイン滝の白糸をかたどった像が建てられています。橋は日没とともにライトアップされます。

    

1_5_main:近江町市場

5.近江町市場

加賀藩の御膳(ごぜん)所として、また庶民の台所としてもにぎわってきました。狭い小路を挟んで並ぶ180余りの店舗の店先で、日本海の魚や地元産の野菜、果物を中心に威勢のよいやりとりが行われています。

    

サイエンスヒルズこまつ

6.サイエンスヒルズこまつ

サイエンスヒルズこまつは、「科学と交流のまち」の拠点として、平成26年3月22日(土)JR小松駅東エリアに誕生しました。

   

安宅の関

7.安宅の関

1187(文治3)年、平家討伐に戦功のあった源義経が、兄頼朝の怒りに触れて、奥州平泉の藤原氏のもとに落ちのびようとし、一行12人が山伏姿に身をやつし、安宅の関にさしかかりました。

   

辰口温泉

8.辰口温泉

霊峰白山のふもと、手取川左岸流域に広がる山紫水明の地辰口温泉は、1,400年の歴史を持ち、多くの観光資源に恵まれています。

2日目:

 出発

 

 

 

九谷焼陶芸館

9.九谷焼陶芸館

気軽に絵付けや制作が楽しめ、直接陶芸に親しむことができます。また、併設されている登り窯は自由に見学できます。

   

九谷陶芸村

10.九谷陶芸村

360年の歴史を誇る九谷焼の、さまざまな情報が集結する場所です。見る、学ぶ、作る、買うといった九谷焼のすべてを満喫できます。

   

那谷寺

11.那谷寺

真言宗に属する自生山那谷寺は、717(養老元年)年に泰澄大師が千手観音を岩窟に安置したのにはじまるといわれています。

   

日本自動車博物館

12.日本自動車博物館

重厚な赤レンガ造りの2階建ての建物。3,500坪の広大なスペースに、各国から集められた世界の名車を常時500台展示しています。