ホーム > モデルコース > ちょっと石川 ~はじめての石川を上手に巡る旅~ > とにかく名所を見ておきたい!金沢周遊3時間

ここから本文です。

とにかく名所をみておきたい!金沢周遊3時間

ひがし茶屋街

金沢に行ったらまずはココというポイントを3時間でめぐるモデルコース。

石川県のいろいろなところを回りたいので、金沢はちょっとだけという方はもちろん、出張の空き時間にもおすすめ。

とにかく名所を見ておきたい方向けコースです。

初級金沢エリア

 

  • ジャンル:定番
  • テーマ:女性向け・男性向け・家族向け
  • 所要時間:3時間

出発

 

    

長町武家屋敷

1.長町武家屋敷跡

加賀藩士・中級武士たちの屋敷跡です。木羽板(こばいた)ぶきの屋根のついた土塀や、武士窓のある長屋門が当時の面影をしのばせます。雪から土塀を守る「こも掛け」は金沢の冬の風物詩となっています。

    

足軽資料館

2.金沢市足軽美術館

藩政時代の貴重な足軽屋敷2棟を移築再現したものです。建物の中では、足軽の職務や日常生活の解説・展示がなされています。屋根は、昔ながらの石を置いたもので、当時の雰囲気を醸し出しています。

 

 

    

金沢城公園

3.金沢城公園

現存する藩政時代の遺構は、石川門、三十間長屋、鶴丸倉庫。2001年に菱櫓・橋爪門続櫓・五十間長屋が復元完了、2010年には河北門、いもり堀(一部)、2015年3月には玉泉院丸庭園と橋爪門が復元されました。

    

兼六園

4.兼六園

兼六園は、日本三名園の一つ。築庭には加賀5代藩主前田綱紀に始まり、約180年を費やしました。ことじ灯籠など見どころは多く、サクラや紅葉、雪吊りと四季折々の美しさが楽しめます。

 

 

    

ひがし茶屋街

5.ひがし茶屋街

美しい格子を持つ古い町家が軒を連ねています。奥から三味線やお座敷太鼓の音色がもれてきそう。昔の面影をとどめ、独特の情緒を醸し出す料亭街です。国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
 

   

梅ノ橋

6.梅ノ橋

犀川の桜橋に対してその名がついたともいわれています。

付近は泉鏡花の出世作「義血侠血」の舞台にもなっており、作品にちなんだ滝の白糸碑やヒロイン滝の白糸をかたどった像が建てられています。橋は日没とともにライトアップされます。