ホーム > 学校・法人向け > 修学旅行 > 里山里海で過ごす

ここから本文です。

里山里海で過ごす

自然と共生する優しい農業遺産の能登

昔ながらの揚げ浜式製塩に挑戦する

詳細を見る

珠洲市仁江海岸では、400年来の揚げ浜式製塩法を日本で唯一伝承し、国の重要無形民俗文化財の指定も受けています。揚げ浜式とは、人力で海水をくみ揚げ、塩田に撒布する製塩法です。石川県の「ふるさとの匠・伝統の匠」である浜士(製塩技術者)の指導の下、昔ながらの塩作りを体験しましょう。

里山で農村の暮らしに慣れ親しむ

詳細を見る

春、里のシンボル・春蘭が林操を彩りやがて田は稲の緑に埋まる、そんな美しい農村風景を見せる春蘭の里では、野菜の収穫や魚釣りなど農村の暮らしを体験できます。囲炉裏端で心尽くしの手料理を味わい、農家のお父さんお母さんと語らうのも楽しみ。日常にはない感動と発見を通して、生きる力を養いましょう。

九十九湾で海のいきものとふれ合う

詳細を見る

リアス式海岸の九十九湾は、日本百景の一つにも選ばれている箱庭のような美しい湾です.海沿いには、砂浜、岩場、海だまりなどを結ぶ延長600mの観察路が設けられています。ヤドカリやヒトデ、磯魚、海藻など多種の生きものを間近に観察し、海の豊かな自然を体感しましょう。

能登の里山で収穫を体験する

詳細を見る

穴水まいもん体験農園では、春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモスの花畑が広がります。その広大な広陵地に実るイチゴやスイカ、ジャガイモなど、季節の作物を収穫し、収穫の喜びや楽しさ、里山の自然を体感しましょう。

釣りや魚さばきを体験する

詳細を見る

川下体験

一年中波穏やかな能登島には、漁港内や防波堤など、安全で良好な釣り場が随所にあり、カレイ、アオリイカ、アジ、ヒラメ、キス、カワハギなど、多種の魚が釣れます。また、民宿では獲れたてのアジをさばき、干物にする作業を体験できます。日ごろ、なかなか体験できない釣りと魚さばきにトライしてみませんか。

能登島で野生のイルカ一家に会う

詳細を見る

川下体験

能登島には、ミナミバンドウイルカの家族8頭が生息しています(2011年9月現在)。地元では、小魚を餌とするイルカと漁業との共存を図り、その取組みは「イルカを温かく迎える島の人々のやさしさ」として国交省の「島の宝100景」に選定されています。いきいきと暮らすイルカファミリーを訪ねてみましょう。