ここから本文です。

国指定重要文化財 石川門特別公開

ishikawamon.jpg

金沢城公園石川門

 城下町金沢のシンボルとして、兼六園の向かいにが建ち、いつも記念撮影で賑わう金沢城石川門。構造的には入り口を鉄門で仕切り、内側は周りを石垣で区切った枡形門(城の入り口の形式の一つ)であり、二層の菱櫓と多門を組み合わせて出来ています。
この石川門の内部をご予約団体様にとくべつに公開し、ボランティアガイドの説明つきで見学いただきます。  

見学プログラム

コース

 

石川門の内部を団体向けに特別公開いたします。当時の建築技術や工法について、「城と庭のボランティアガイド」がご案内いたします。その後、ご希望に応じて、金沢城公園や兼六園もご案内いたします。

お問い合せ先

石川県誘客戦略課
石川県金沢市鞍月1丁目1 TEL/076-225-1537
■見学場所/金沢城公園石川門、玉泉院丸庭園

■受入期間/通年。石川門は土日祝日は一般に公開されています。

■開園時間/7時00分~18時00分 (3月1日~10月15日) 8時00分~17時00分 (10月16日~2月末日)

■所要時間/60分~

■入園料 /無料 。別途ガイド交通費(1,000円/ガイド一人当たり)が必要です。

■その他 / ・20名様までの受注型企画・手配旅行が対象となります。

       ・ガイド1人当たりお客様10名程度をご案内致します。

       ・添乗員付きのご旅行に限ります。

       ・10日前までに要予約。

石川門特別見学資料のダウンロード(PDF:551KB)

金沢城・兼六園ガイドマップ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。