ここから本文です。

金時草

和名は「スイゼンジナ」熱帯アジアが原産である。

産地

金沢市、白山市、かほく市

6月~11月

photo

  • 藩政時代に北前船で伝えられ、農学者村松標佐衛門の「農業開誌(1775年頃)」に栽培が記録がある。
  • 夏の食材として県民に親しまれ、おひたし等で食される。
  • 標準和名は「スイゼンジナ」で、石川県では葉の裏が金時芋に似た紫色になることから金時草と呼ばれるようになり、現在では、加賀野菜としてブランド化が図られ、本家(熊本県)を凌ぐ知名度となった。
  • 金時草は、他の野菜に比べて強い抗酸化性がある。

金時草を味わえるお店

提供店舗一覧